印鑑の原理

印鑑イメージ

電子印鑑とは、パソコン上で起動しているソフトに印鑑を押すソフトの事です。
パソコン上で制作した書類を神に印刷することなく押印することが出来るのが特徴で、資源の節約や労働時間の短縮を可能にします。

近年の情報化に伴い書類を作るパソコン上で捺印できるようにするために生まれた印鑑ですが、目に見えないパソコン内部の書類は誰にでも情報に触ることが出来る可能性があったため、出来た当初は導入する企業はあまり多くありませんでした。

しかし、電子印鑑を使った個人認証システムや電子署名の普及によって、ある程度は本人確認が取れるソフトの開発が進んだため、暫定的に電子印鑑を取り入れる企業も増えて来ました。
銀行などもインターネット上から口座がやり取りできるようになっていますよね。
銀行印がなくてもお金が出し入れできるのは、非常に楽ですね。

最近は、ある程度電子書類の信頼性は向上していますが、ネットで不特定多数と繋がっているパソコン上での捺印は、従来の紙媒体の書類に印鑑を押すよりも匿名性が高く、一度データをコピーされてしまうと不特定多数の人間に電子印鑑を使われてしまう恐れがあり、複製や偽造が簡単であるため信頼性に欠けるといった問題が根強く残っています。
企業などで一般的に使用されるようになるためには、クリアすべき課題はまだまだ多いのです。

電子印鑑は作業効率の向上やコストダウンを行うためには、今後ますます必要な技術になっていくと思われます。
そのためにはパソコン上で使用した書類作成ソフトと連携を取って、電子媒体の書類その物の信頼性を向上させ、電子印鑑の使用時にはパスワードと電子署名を義務化する等の2重、3重セキュリティー強化が必要です。

ページの先頭へ